はせる

は・せる、馳せる

映画のこと

その高揚は鎮まらない

映画『アテナ』を観たよ。ある種の高揚は、感染して拡がっていく。

消失が求めたのは真実

映画『ザ・バニシング -消失-』を観たよ。静かに、淡々と、不安が募っていく。

ひとりぼっちじゃ、かわいそう

映画『牛首村』を観たよ。実在する心霊スポット「坪野鉱泉」と「牛首トンネル」を上手くストーリーに交えたホラー映画。

伝播する呪詛

台湾のホラー、映画『呪詛』を見たよ。

狂っているように見えて割と正統

映画『バクラウ 地図から消された村』を観たよ。映画の前半は村の不穏な様子を眺めるだけ。

地に根を張ること

映画『ミナリ』を観たよ。移民、同化、夫婦、家族。この映画を見て受け取れるテーマは多い。

人の「普通」はどうでもいい

映画『まともじゃないのは君も一緒』を観たよ。ラブコメ映画だと思って見に行ったら、不意に元気づけられて帰ってきた気分。

利他することで得られたもの

映画『永い言い訳』を観たよ。幸夫の人生はこの後どうなっていくんだろう。

「しょうがない」って言わないで

映画『アルプススタンドのはしの方』を観たよ。「はしの方」の高校生の、眩しい瞬間。

我々は虚像だ。夢であり、写真である。

映画『ホーリー・マウンテン』を観たよ。ある人のツイートで紹介されていた美しい場面写真から興味を持ったけど、正体は奇妙奇天烈な映画。

ポップコーンを頼むよ

映画『タイタンフォール 巨神降臨』を見たよ。トレイラーを見ると、画面いっぱいに漂うB級映画感。

インターホンを鳴らすのは誰か

映画『パラサイト 半地下の家族』を見たよ。

「エルム街の悪夢」を7作目まで観た

人知れず実施していたエルム街の悪夢マラソンにひと区切りついた。正確には「フレディVSジェイソン」とリメイク版があるんだけど、それらはこの後の「13日の金曜日マラソン」のあとにする。 なぜそんなことを?というと、7作目で番外編というような位置づけ…

映画「unknown/アンノウン」を観たよ

レザボアドッグスとソウを合わせた感じのサスペンス映画。ホラーやスプラッタな描写はないのでご安心を。

映画「コンテイジョン」を観たよ

DAY2から始まるパンデミックサスペンス。

映画「バチカンで逢いましょう」を観たよ

観たら明るく元気になれる映画……だと思ってたらそれだけではなかった。

映画「12人の優しい日本人」観たよ

台詞回しに三谷幸喜らしさ滲み出る。

テレビ映画「蛾人間モスマン」観たよ

低予算のテレビ映画だと事前情報を入れておけば面白くなくはないかもしれない、たぶん。いや。

映画「ア・フュー・グッドメン」観たよ

法廷サスペンスで期待するどんでん返しはあんまり感じなかったけど、トム・クルーズとジャック・ニコルソンの演技は鳥肌もの。

映画「(500)日のサマー」観たよ

これまでの恋愛経験から、胸に突き刺さるものを感じることがあるかもしれない。

映画「桜姫」観たよ

ジャケットのスタイリッシュなエロを期待していると拍子抜け。映画内のエロはこんな感じではない。

映画「エルム街の悪夢2 フレディの復讐」観たよ

映画の感想を記録。今回から映画単位で。

映画「FRANK -フランク-」が見たい

9月23日、TBSラジオたまむすびで町山さんが紹介していた映画「FRANK -フランク-」が見たい。

今週映画これ見たよ 2014年9月その3

今週観た映画を淡々と記録するよ。感想はFilmarksに書いたものを転載。

今週映画これ見たよ 2014年9月その2

今週観た映画を淡々と記録するよ。感想はFilmarksに書いたものを転載。

今週これ見たよ 2014年9月その1

今週観た映画を淡々と記録するよ。感想はFilmarksに書いたものを転載。

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO