はせる

は・せる、馳せる

阿佐ヶ谷定点観測

 「記憶の書架」に手をかける。古い写真を取り上げ、埃を払い、記憶を辿る過程で、現在に照らし合わせながら整理整頓する試み。
 今回は13年前、2009年5月17日(日)の写真。場所は杉並区阿佐谷北、中杉通りの歩道橋の上。阿佐ヶ谷定点観測シリーズのひとつ。

阿佐ヶ谷定点観測 2009/05/17 15:30

 カメラはHASSELBLAD 500C、レンズはPlanar C80mm F2.8、フィルムはFUJICOLOR PRO 400、とメモしてある。

 当時は思い立ったら、早朝、昼間、夕方、夜、雨の日でも、この歩道橋の上から同じ構図になるように写真を撮り続けていた。期間としては2009年4月から2010年12月までの1年半以上、毎月とはならなかったけど、最終的に23枚の写真がある。
 中杉通りの季節のサイクルが、早朝の静けさ、昼間の木漏れ日、夕方の日差し、夜の灯り、雨の水溜まり、といった日常の美しいものと一緒に写真に残る。それらに加えて道路脇に停まっている車や横断歩道を渡る人など、同じ構図だけど全く同じ写真にはならないので、どんどん増えていく写真をスライドショーにして眺めるのが楽しかった。
 定点観測であるからこそ、並べてみたときに構図の中に主役というものがなく、「構成する要素すべて」を見ること、見比べることになるのかな、と考えた。今。

 このシリーズがなにを切っ掛けに始まったか、詳しいことは憶えていない。ただ、デジタル一眼レフ(当時はCanon EOS Kiss Digital N)を使って同じ場所から撮った写真があり、その1ヶ月程あとに定点観測の最初の1枚目になる写真を撮っていて、これらを比較するのが楽しかった、というのが理由のような気がする。単純。あとはハッセルブラッドが同じ構図で撮れるようにセッティングすることが楽だった、というのもあるかもしれない(歩道橋の手すりに置いて、グリッドスクリーンのセンターラインと道路のセンターラインを重ねる)。

 この定点観測シリーズ、ポイントは下記4つに集約できると思った。

  • 同じ構図にすること
  • 季節がわかる要素を入れること(本当は通行人などの人も入れたい)
  • 撮影する場所で暫くじっとしていても交通の邪魔にならないこと
  • 継続すること

 この中でも一番大事なことは、継続して写真の枚数を積み重ねていくことだと思う。雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ、丈夫な身体*1と意欲と根気。それが当時はあったんだなあ(今も健康なんだけど)。

 構成する要素は全く同じにはならないけど、今住んでいる近くで新しく始めるなら桜の木を構図に入れることができるあそこだな、と候補地は既にある。
 じゃあいつ始めるの。もうちょっと先かなあ。

続きを読む

文化に触れる生活(2022W18)

 明正堂書店アトレ上野店が閉店する。

2022W18 (2022-05-02 / 2022-05-08)

 しおさんのブログにてその情報を知り、翌日ちょうど上野周辺で過ごす予定だったので立ち寄った。5月10日21時をもって閉店とのこと。

unir.hateblo.jp

 明正堂書店はそこそこの大きさもあり品揃えにも満足していたので、上野近辺にふらっと来たときや退勤する時間にも立ち寄れる書店として重宝していた。寂しい。アメ横にも店舗があるようだけど、そちらには行ったことがなく、私の生活パターンではふらっと寄れる位置でもない。アトレ上野店がなくなってしまうと、上野駅の本屋は構内のブックコンパス*1のみになってしまう(明正堂よりやや小さい)。他に台東区内のそこそこ大きい書店というと、浅草ROXのリブロぐらいしか思いつかない。中型・大型店は他にあったっけ?そもそも浅草は生活圏ではないんだけど。
 これは私の生活圏だけの話ではなく、赤坂や八重洲でも書店が閉店していく。記事によれば、この20年で全国の書店の数は半分近くまで減少しているようだ。

www.seventietwo.com

 書店は文化インフラであり、その街の文化水準の現れ(のひとつ)である。というようなことを、以前どこかのブログか記事かで読んだ記憶がある。
 書店などの実店舗を利用する一方で、雑誌も漫画も、さらには映画もアニメも音楽も、今は電子書籍や配信で読んだり観たり聴いたりもする。これはとても便利ではあるけど、この先のことを考えると良いことなのか悪いことなのかはわからない(当然実店舗の売上げには影響するだろうし、電子書籍しかない世界は権力による禁書・焚書が簡単にされてしまうのではないか、と考えるとダメな気がしている)。ただ、書店がなくなっていくということについては、やっぱり間違いなく寂しいのである。この点、行動や考えに矛盾があるようでムズムズする。

 台東区には気になる書店が2つある。どちらも私が引っ越してきたあとで開店した書店だけど、行ってみたいなあ、と思いつつ、まだ行っていない。ひとつは千束の遊廓専門書店・カストリ書房、もうひとつは根岸の幻想系古本屋・古書ドリス。どちらも特徴のあるコンセプト書店だけど、仕入れセンスや特定ジャンル特化のような強みのある書店は、その周辺に住む人以外もファンとして定着するんだろうなあ。行ったら確実に「好きになっちゃう~*2」だろうけど、最初の一歩がまだ踏み出せていない。

 一般雑誌などを扱う新刊書店も鶯谷駅前に欲しいという思いが募って、もし書店を開店するとしたら、という妄想をしている。場所は北口・南口どっち側で、どういった品揃えにするのか。客層はどのようになるか、人々を観察する必要もある。根岸には子規庵、書道博物館、日本詩吟学院があるのでその関連書籍も置くべきだな。売上げを気に掛けるなら、地域柄成人向けの雑誌は置かねばならないだろうか。その場合のゾーニングをどうするか。とか。
 こういう妄想はちょっと、というか、とても楽しい。

*1:元ブックエキスプレス

*2:シソンヌ

続きを読む

この5月は39周目かもしれない(2022W17)

 今年もこの時期である。と書くと、梅雨や夏至のことのような気がしてくるだろうけど、正解は誕生日。1年振り39回目。

2022W17 (2022-04-25 / 2022-05-01)

 誕生日のことは特別に感じるものの、スタンスとしては「お祝いされるのはとてもくすぐったいけれど、完全に忘れ去られたいわけでもない」という、取り扱いがちょっと面倒くさいと思われる位置にある。母からはSMSで1文おめでとうコメントが届いた。これがちょうどいい距離感。
 結婚後は義母の誕生日が近いので合同でささやかな会が催される。正直それですらちょっとくすぐったいので、私一人であれば、ケーキだけ食べよう、ろうそくは要らん、と言いたくなるんだけど(本当に言えるかは別として)、義母も一緒となると断ることが難しくなる。私だけ辞退して、私も義母を祝う、というのはなんだか気持ちがざわつく。そして息子もそういったお祝い事(ろうそくの吹き消し含め)が楽しいらしいので、甘んじてムズムズしながらやり過ごしている。

 ちなみに、ケーキのプレートには「ばあば&ぱぱ」と書かれる。バーバパパ

続きを読む

エモーション

 「記憶の書架」に手をかける。古い写真を取り上げ、埃を払い、記憶を辿る過程で、現在に照らし合わせながら整理整頓する試み。今回は12年前、2010年4月3日(土)の写真。場所はJR新宿駅、たぶん山手線・総武線の15・16番線ホーム。階段の縁に腰を押しつけて、電車を待つ人々を撮った写真。

e-motion (2)

 カメラはHASSELBLAD 500C、レンズはPlanar C80mm F2.8、フィルムはFUJICOLOR PRO 400、とメモしてある。夜なので、たぶん1/8~1秒程度の露光だと思う(F値シャッタースピードはメモしてない)。
 上の写真だけ他と比べてアングルが少し低く、本当は人の上半身のあたりを上下中央に置きたい。けど、そのおかげで階段壁の広告が入って、それはそれで面白い結果になった。ギャッツビー。

 自分も同じ体勢で電車を待っていて、ふと冷静に自分の姿を客観視するように思い付いた構図(だったと思う)。最初は、到着する電車をブラすことがポイントと考えていたので、電車の動きと心の動きを重ねて「e-motion」というシリーズにしていた(beatmaniaの曲名をオマージュ)。1枚目に持ってきた構図では、人が前後に重なっているのも面白い構図だなあ、なんて思いつつ、撮ったのは3月から4月の間の3枚だけ。なぜ続かなかったんだろう。
 新宿駅のホームは幅が広いので、ある程度ディスタンスが取れるからこの構図ができた、ということをなんとなく考えた。今、通勤で乗り降りしている駅のホームは印象として全部そんなに広くはないので、同じ構図を始めるなら上野駅で降りるしかないか。

続きを読む

見えているのに見ていない(2022W16)

 フォーカスの内と外。

2022W16 (2022-04-18 / 2022-04-24)

 国際子ども図書館で『世紀をこえる煉瓦の棟』という展示を見てきた。普段は絵本関連の企画展示なんだけど、これは国際子ども図書館の建物、旧帝国図書館自体に関するもの。通常、撮影可能な場所は限られているけど、この展示に合わせて普段撮影禁止になっている場所も一部開放されていた。

 絵本関連の展示だったり、読み聞かせイベントだったりで何度も来ているんだけど、今回の展示が建物自体についての内容ということもあって、天井や柱など細かいところを解説とともに眺めて写真を撮った。そしたらまあ、新しい発見があること。もちろん展示の内容の補助もあるんだけど、何度も来ている場所でいかに周辺を見ていないかということを思い知らされた。

 隠されているわけではなく、見えているものでも、見ていなかったもののことについて考える。「見ていない」とは、意識の中に存在していないということではなく、フォーカスが当たっていないというようなこと。周辺視野みたいな。”それ”がなくなってしまったあとに気づいても、実体を失っているのでフォーカスできない、ということになる。”それ”が自分の生活にどれぐらい身近であったかにもよるけど、そこになにがあったか、どんどんおぼろげになっていく。

 この日、家の近所にある建物2棟に「解体工事のお知らせ」を見つけた。形は消えていくけど、ここに書き残しておく。

 前にも似たようなことを書いてるな、と思ったのがこちら。

blog.ymmtdisk.jp blog.ymmtdisk.jp

続きを読む

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO