はせる

は・せる、馳せる

2018W24 週報

ドラマも終わる時期ですが、週報提出です。2018W24 (2018/06/11 - 2018/06/17)

触れてはいけないショーケース

「記憶の書架」シリーズ、今回は2010年6月20日、渋谷。 印象的なリフレクションを狙って暫く動かずにいたと思うんだけど、端から見ればマネキンに向かってカメラをじっと構える変な人。だったんだろうなぁ。

木漏れ日とすべり台

6月3日、旧古河庭園へ。 移動中。

屋根まで飛んで

6月2日、近所の公園でシャボン玉。 紫陽花の季節だぁねぇ。

2018W23 週報

今年ももう折り返し地点が近づいてきましたが、まあとにかく週報提出です。2018W23 (2018/06/04 - 2018/06/10)

sweetest day of may

5月最終日の1枚。 夕焼け空も綺麗だけど、それに染まる街並みも美しい。

記憶を辿る過程で

写真やツイートをベースに日常を振り返りながら、気になったことを補足して記事にまとめることが主になっているこのブログですが、「#tbt (ThrowBack Thursday)」というTwitterやInstagramのハッシュタグの方針に乗っかって過去の写真についても触れていこう…

柏邂逅

奥さんの前職繋がりの恩人に会うために柏へ。

スナップ・アラウンド

5月20日から30日に掛けてのスナップ・アラウンド。

2018W22 週報

今週も元気に、週報提出です。2018W22 (2018/05/28 - 2018/06/03)

上野動物園の中心で葉っぱをもらう

5月20日、運転免許証を更新した後に上野動物園へ。

音楽与太話 2018年5月分

もう、なんだかんだ言っても結局好きなんだから、音楽の話でもしませんか。8曲収録。

小野照崎神社の例大祭

5月19日、小野照崎神社の例大祭へ。

2018W21 週報

少し遅れて週報提出。2018W21 (2018/05/21 - 2018/05/27)

夜の(リハビリ)スナップ

5月14日、17日、夜。

元三島神社の例大祭

5月12日と13日、台東区根岸にある元三島神社のお祭り。 鶯谷駅北口のメインストリートを遠方から。メインストリートといっても広くはないので、出店は多くない。

夜が来る

5月11日、夜に写欲が湧くのは久しぶり。 この日以降一定の水準で夜写欲が保たれている。

踊る影

5月10日の日常スナップから、影。 お昼休みに職場付近の荒木町を散策。木漏れ日の濃淡が、美しくゆらゆら揺れる。 この影の動きがなにかと重なって見えていたんだけど、今日その答えを得た。水面に反射した日光が建物の壁などに当たって煌めく様子がそれだっ…

2018W20 週報

怒濤の週報提出。2018W20 (2018/05/14 - 2018/05/20)

法事帰省

5月4日から7日、法事により青森へ帰省。4日間をダイジェストで。

国立科学博物館ご案内

5月3日、国立科学博物館へ。

上野動物園ご案内

4月29日、奥さんの元同僚と上野動物園へ。

アルカキット錦糸町屋上の穴場感たるや

4月28日、錦糸町へ。 毎年錦糸町の丸井で母の日の花を注文していたんだけど、今年はちょっと気が早かったらしく、まだ大きく展開されておらず花の種類が少なかった。お店の人に話を聞くと、5月3日から規模を拡大するとのこと。 そんなわけで踵を返し、駅を挟…

2018W19 週報

少し遅れて週報、提出です。2018W19 (2018/05/07 - 2018/05/13)

根津神社のつつじ祭り

4月22日、根津神社のつつじ祭りへ。 これまで大型連休中に足を運んでいたために終わりかけのつつじばかり見ていたんだけど、今年は丁度よい時期に見に来ることができた。

銀座界隈

4月21日、午前中に支援センターのイベントに参加した後、いざ銀座へ。

日常スナップ

4月16日から17日、日常スナップ。 綺麗な蝶が飛んでいたんですよ。

ボールニシキヘビに触る

4月15日、上野動物園へ。 道すがら、国際子ども図書館を見上げる。花は木蓮。

2018W17-18 週報

溜め込んだ週報を放出。大型連休お疲れさまでした。2018W17 (2018/04/23 - 2018/04/29) / 2018W18 (2018/04/30 - 2018/05/06)

音楽与太話 2018年4月分

大型連休中ですが、そんなことは置いといて、音楽の話でもしませんか。 画像はYouTube「TWICE "What is Love?" M/V - YouTube」からのキャプチャ。「パルプ・フィクション」オマージュのシーン。好き。

© 2012-2018 Daisuke YAMAMOTO