はせる

は・せる、馳せる

狂っているように見えて割と正統

 映画『バクラウ 地図から消された村』を観たよ。映画の前半は村の不穏な様子を眺めるだけ。

f:id:ymmtdisk:20210322154000p:plain

 画像は「『バクラウ 地図から消された村』予告 - YouTube」のスクリーンショット。

 ネタバレありです。


映画『バクラウ 地図から消された村』

klockworx-v.com

 2019年製作、日本では2020年11月28日公開。TSUTAYA DISCASにてDVDレンタル。

あらすじ

村の長老である老婆カルメリータの死をきっかけに故郷の村バクラウに戻ったテレサ。しかしその日から村では不可解なことが次々に起こり始める。突然、村はインターネットの地図上から姿を消し、上空には正体不明の飛行物体が現れる。村の生命線である給水車のタンクに何者かが銃を撃ち込み、村外れでは村人が血まみれの死体で発見される。めったに現れないはずの他所者の来訪、それは血で血を洗う暴力と惨劇の幕開けだった。

映画『バクラウ 地図から消された村』公式サイト

感想

 なるほど。映画を見終わって頭に浮かんだ言葉。なるほど。

 ポスター/パッケージの意味ありげなUFO。「地図から消された村」というキーワード。中盤までほとんどなにも明かされない流れ……から想像する程にはトンデモではなく、村人ナーメテーターだった以外は全然、まともな映画だった。おじいちゃんがショットガンをぶっ放すシーンでは安堵したほど。蓋を開けてみれば西部劇みたいな映画だった。

 元々が「降りかかる火の粉は振り払う、武力でな」という村なのね。市長は送り込んだ侵略者/殺し屋を「観光客」として偽って迎えに来たけど、「んなわけあるか!」である。

予告編

www.youtube.com

関連リンク


filmarks.com

※Filmarksに投稿した感想を転載して体裁を整えたものです。基本的にはFilmarksの方が最新の内容です。

© 2012-2021 Daisuke YAMAMOTO