はせる

は・せる、馳せる

ただそれを書き留める(2022W49)

 ものすごい勢いで過ぎていく今。

2022W49 (2022-12-05 / 2022-12-11)

 今週のお題「日記の書き方」。基本、週報単位での更新で、週番号に従って出来事や写真などを毎週1記事は残していくスタイル。ちょっと前に記事にしたんですが、スプレッドシートで週番号によって日付やリンクを動的に変えるテンプレートを作って運用しています。

blog.ymmtdisk.jp

 このエッセイ部分については、その週内のトピックを取り上げて書くことを主としているものの、1個1個を拾い上げればたくさんあるはずだけど、ネタはその場その場で咀嚼して呑み込んでしまっているような感覚もあり、着手するときに毎回「さて……」と考えてしまう。だからこそ、毎日書いている人やフリーハンドで書ける人には憧れる。日記を書くこと、文章を書くことは好きだけど、私は筆が乗りにくいので、毎日書くのには向いていないような気がする(メモを残すことには四苦八苦しながら取り組んでいる)。昔の写真を取り上げてあーだこーだ言う「記憶の書架」とか、2021年以降の「映画のこと」もテンプレートを用意して書いているので、書き出す切っ掛けはそれぞれだけど、書くときのガイドラインとして、こういう「型」を持つことが楽だと感じる部分はとても大きい。

 閑話休題
 日記祭には行かなかったのですよ(顛末についてはこの記事の前日から当日(10日から11日)の辺りをご覧ください)。生で体感することはできなかったけど、それでもたくさん日記を書き続けている人がいるということが知れてうれしい。気になっていた委託販売者さん・出店者さんはこれからもフォローしようと思う。し、月日の店舗で販売とか通販対応されるところもあるのだろうか……?


2022W49

2022W49 (2022-12-05 / 2022-12-11)

今週のうたかた

5日、月曜日。

6日、火曜日。

スーパーに寄った帰り、ラーメン屋さん解体。

7日、水曜日。

夕焼け空
ラーメン屋さん解体、ほぼ終わり。

8日、木曜日。


 乃木坂46ANNはFNS歌謡祭のあとで、ゲストに梅澤美波与田祐希。コーナー『堕落の懺悔室』で、休みの日はぐうたらな生活を送る久保史緒里と与田ちゃんに、正論で活を入れる梅澤さんという構図が面白かった。わかるわかると思いながら、ただ、私もぐうたらするタイプではある。梅澤さんベッドルームがあるのか、ベッドとは別に*1ソファを置ける部屋に住んでいるような話しぶりだったけど、一人暮らしで間取りが1Kとかになるとどうしてもベッドがソファ代わりになってしまうんだよなぁ。

9日、金曜日。

 妻と息子は『ディズニー・オン・クラシック 〜 まほうの夜の音楽会 2022』の『ノートルダムの鐘』を観に行った。

10日、土曜日。

図書館

 午後の予定詰め詰めなので、図書館の用事を午前中に。ブランチ的な感じでバーミヤンによると、開店直後でネコロボはまだ眠っていた。

ネコロボ

みんなの郵便局 in Tokyo Dome City

www.post.japanpost.jp

 東京ドームシティにて、郵便局の仕事を体験するイベント。様子としてはキッザニアに似ている。

ミートポートの辺り

アルバルク東京 vs 京都ハンナリーズ代々木第一体育館

www.alvark-tokyo.jp

ルークロボ、かしこい。

 この日は「青春応援企画」として高校生ダンスと、ハーフタイムショーに三阪咲さんのスペシャルライブがあった。10月16日に観戦したときにはできなかった会場全体の散策もしてみると、渋谷口側は試合終了まで封鎖してフードトラックやJAの直売所を配置していたり、やっぱり全体的に興行として素晴らしい。ちょっとしたフェスに来たような感覚をおぼえる。

ルークがただただかわいい。

 試合は第1Qこそアルバルク東京が押され気味だったけど、進むにつれて徐々に差を付けて安心して観ていられる試合展開だった。#2 藤永選手、#3 岡本選手の両PGが活躍して引き寄せたと思う。前回の観戦のときにはあまり目立っていなかったけど、こういうスピードを活かす選手の活躍を見るのはすごく楽しい。


 試合が終わって帰ろうと席を立つと、息子が「具合が悪い」と訴えた。妻がトイレに連れて行くと*2、嘔吐したようだ。家に帰ると、熱はないけど嘔吐と下痢の症状があり、お腹の風邪か腸炎のような感じ。気持ち悪さで寝つきが悪く、息子は深夜にも目を覚ましたりしていた。

11日、日曜日。

 症状の程度はよくなっているけど、息子の体調不良は続く。夕方からのキッザニアの予定もキャンセルとなった。妻は日記祭に行ってもいいよと言ってくれたけど、元気のない息子のことも看病する妻のことも放ってはおけず、行かない選択をした。

 息子は夕方ぐらいまでに徐々に回復し、便の緩さはまだ続いてはいたけど、それ以上に症状が悪い方に傾くことはなかった。ベッドで一緒にごろごろしたり、TOKYO FMダレハナの中にあるフロート番組『よ・み・き・か・せ』を家族で聴いたり、月曜日に向けて宿題を見てあげたり、振り返ってみればゆったりとした休日になった。なにもすることがない時間帯にはジャンプ+で『チェンソーマン』を読み進めて、ようやく第1部を読み切ったりもした。

今週のエンタメ

NFL 第13週

nfljapan.com

 今週はカーディナルスがバイウィーク(お休み)。チーフス vs ベンガルズの好カードはシーソーゲームの末ベンガルズに軍配。タイタンズは今シーズン調子がすこぶる良いイーグルスに封じ込められた。ブラウンズ vs テキサンズ、ゴタゴタの末にテキサンズからブラウンズへ移籍したQBワトソンが先発。勝ったはいいけどレーティング悪いな……。49ersはQBガロポロの骨折によって出場機会を得た2022年ドラフトの最下位指名(全体262位)のQBパービィーが躍動して勝利。これは応援せざるを得ない!

nfljapan.com

FIFAワールドカップ カタール 2022

 FIFAランク上位チームが順当にコマを進めるノックアウトステージ。
 その5試合目、日本 vs クロアチア、12月6日0時スタート。ベスト8目前で決めきれず、PK戦までもつれ込んで負けを喫したのは残念でならないけど、もう十分新しい景色を見せてもらえた気がする。クロアチアペナルティエリアに放り込んでくるボールに精度が高いものと雑なものとがあったり、セットプレーのパターンも豊富でロングスローもある。前回のロシア大会でもタフな試合をこなしPK戦で制した試合もあった。実力上で拮抗するならば、次に勝敗を分けるのは経験なのかもしれないと思った。同じ日のブラジル vs 韓国は、4-1でブラジルが勝ち上がる。今大会では韓国の試合にもすごく楽しませてもらった。
 番狂わせが起きたのはモロッコ vs スペイン。モロッコが延長戦まで凌ぎきり、PK戦ではスペインのシュートがネットを揺らすことはなかった。PKは運の要素が多いとはいえ、ジャンケン同様駆け引きはある。このPK戦を見ると、モロッコのGKヤシン・ブヌの功績が大きいように思う。

今週の覚え書き

今週のはてな

*1:別途……と書こうとして止めた。

*2:息子は大は女子トイレ、小は男子トイレを使うことが多い。小学生低学年のうち。

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO