はせる

は・せる、馳せる

知らない誰かを知っている(2022W15)

 誰かの生活を身近に感じて、それによって自分の生活もなんとなく潤う。

2022W15 (2022-04-11 / 2022-04-17)

 「純日記」のタグに流れ込んでくる記事を眺めて、共感したり、感心したり、応援したり、ただ「へぇ」と思ったり。その中から、その人への興味だったり、文章が好きだったりしたブログを5つぐらい、新規に読者登録した。

 週刊はてなブログの記事を発端に、こうやってタグによって関連する記事や共通のテーマを俯瞰して、新しいブログと出会うのは楽しい、と感じることができた。関連して、3年近く前に「文章に線を引く日常」として『どんな文章が好きか』『どうやって文章に出会うか』について考えていたことを思い出した。(今読み返してみて、我ながらよいテーマ、よいタイトル、よい文章だと思った。自画自賛

blog.ymmtdisk.jp

 この中で「はてなブログ タグ」への期待を書いていて(当時は運用開始前)、それが叶えられた格好となったのがうれしい。あとは、「はてなブログ タグ」のトップページでタグとの邂逅(前日よく使われたタグ、人気のタグ、など)があるといいなと思ったけど、コンテンツとしては一般的なものなのでやれるならとっくに実装されているだろうし、個人が好きにタグを作れる状況では管理コストとかルールとかの面でちょっと運用が難しいのかな、とも想像できる。

 ところで、超絶要らん報告となるけど、私のこのブログは純日記とはちょっと違うかな、という結論に至った(この記事では純日記に言及するのでタグをつける)。
 私の場合、(今は、)その日の出来事や撮った写真をベースにして、それに関連して考えたことや調べたことなどの情報を肉付けして、「週単位」で記事にまとめている。だから「日記」ではあると思し、「純粋に日々の日記をつづるブログ」でもあると思う。ただ、「純日記」は「1日毎」にまとまっているのが正しいように思えるし、このタグを見る人が求めているのはそういう記事である気がする。
 そう考えると、私の書いている内容では日常としてのディテールは(「純日記」タグに登場する他のブログよりも)薄く、どちらかというと冒頭のエッセイ的な部分(ここのこと)や情報の面を濃くしているように思えてきて、このタグに似つかわしくなさそうだ、という、あくまで自分だけの判断基準が設定された。まあ、本当はそんなに堅苦しく考える必要はないとも思うんだけど。

ja.wikipedia.org

 なんにせよ、「純日記」について読んだり考えたりすることは「ブログやっててよかったな」という経験だった。(今の期待は「購読リスト」の中にある「行動に基づくおすすめ ベータ版」である)

(追記)


2022W15

2022W15 (2022-04-11 / 2022-04-17)

今週のうたかた

11日、月曜日。

開店準備
新緑を切り取る

12日、火曜日。

朝の日なたぼっこ

13日、水曜日。

荒木町 奥の細(い)道

14日、木曜日。

隙間

 乃木坂46ANN、楽天イーグルスの戦況に語る時間があるなど、久保史緒里によって東北色が強まる。東北以北の方言「いずい」のコーナーもある。

15日、金曜日。

雨の金曜日

16日、土曜日。公開授業と日本橋

 午前中は小学校にて公開授業。いわゆる授業参観。オープンスペースを採用している小学校なので観覧はしやすいんだけど、教室外で見ていると声の聞こえはあまりよくない(私の耳が悪いという説も唱えておく)。息子は手を挙げる積極性を見せるも、後半はやや集中力切れ気味。

 先週代官山のファミリアで取り置きしてもらった息子の靴を試着しに、日本橋高島屋へ。三越の辺りは神田駅から、高島屋の辺りは東京駅からが近い。

喫茶
日本橋

 今は20cmを履いているけど、試着してみるとこの靴は20.5cmがちょうどいいことがわかった。試着しに来てよかった。

夕方

 東京駅近辺をうろうろして帰るともう夕方。

17日、日曜日。ミッカ

桜の残り香

 午前中は野球の練習に付き合う。私としては、野球よりも速く走る走り方や持久力をまずは身につけて欲しいんだけど、やっぱり振ったり投げたりの方が楽しいみたい。まあ、楽しくないと続かないしねえ。

 その後、亀有のミッカへ。今回は「キヨトのぷぷぷ」。「ぺんぎんたいそう」「いちにちうんち」「しんでくれた」「パンダ銭湯」「ねこのピート だいすきなしろいくつ」の読み聞かせを拝聴。絵本も良いけど、間のトークも面白い。
 そして相変わらずミッカの面陳列している本のセレクトがよく、この日出会った中では「Wet Dog」という写真集がお気に入り。

Wet Dog

Wet Dog

Amazon
booklog.jp

 ミッカの入館時間(1枠2時間半)終わりに、亀有のアリオにてワークショップイベント。帽子にグルーガンで好きなデコレーション7点つけるやつ。2,000円。イベントページを見つけられなかったのですごく適当に文章で表現したけど、これ、出来上がりがすごく息子らしくてとてもよかった。
 その後、フードコートで夕食をとり、帰路。

亀有アリオ

今週の覚え書き

今週のはてな

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO