はせる

は・せる、馳せる

対岸の火事というほど遠くはない(2022W08)

 世界情勢に意識を持って行かれる。

f:id:ymmtdisk:20220307154245j:plain
2022W08 (2022-02-21 / 2022-02-27)


2022W08

2022W08 (2022-02-21 / 2022-02-27)

今週のうたかた

21日、月曜日。

f:id:ymmtdisk:20220301103203j:plain
朝の東京駅

22日、火曜日。

f:id:ymmtdisk:20220301103222j:plain
突堤
f:id:ymmtdisk:20220301103228j:plain
確認
f:id:ymmtdisk:20220301103230j:plain
光、ガラス、反射

23日、水曜日。天皇誕生日

f:id:ymmtdisk:20220301103247j:plainf:id:ymmtdisk:20220301103304j:plain
所用で図書館の道中
f:id:ymmtdisk:20220301103315j:plainf:id:ymmtdisk:20220301103317j:plain
日本橋三越で妻・息子・義母と合流

 猫の日の余韻。

24日、木曜日。ロシアのウクライナ侵攻

f:id:ymmtdisk:20220301103335j:plain
思慮

ja.wikipedia.org

25日、金曜日。

戦争の後、人間は会議を何度やっても何も決まりゃしない。業を煮やした動物たちは、人間の子どもたちのために、動物たちで会議を開くことを考える。 戦争自体に加えて、なにが大切が見失っている人間、我欲に溺れた政治家・軍人などを風刺する内容だった。動物たちが繰り返し訴える「子どもたちのために!」が印象に残る。
立川GREEN SPRINGS、PLAY! MUSEUMでの『どうぶつかいぎ展』の予習として借りて読んでいたけど、その途中でロシアがウクライナ侵攻を開始してしまった。
文:エーリヒ・ケストナー、絵:ワルター・トリヤー、訳:光吉夏弥

『どうぶつ会議 (岩波の子どもの本)』のレビュー エーリヒ・ケストナー (ymmtdiskさん) - ブクログ

26日、土曜日。

 プール×2。午前中の講座は今日が最終日。今週は、あまり乗り気じゃないような言動もあったけど、あまりグズらずに入っていった。入ってしまえばそのあとは「楽しかった」と言いながら出てくる。幼稚園の卒園や、小学校への進学など心が揺れる時期の影響もあるのかもしれない。という話を夫婦間でしている。

f:id:ymmtdisk:20220307153011j:plain
稲荷町駅のあたり

 オフピークポイントサービスで溜めたポイントで交換したリフレクソロジーの2,000円チケットを妻に渡し、息子と一緒に帰る。

f:id:ymmtdisk:20220307153022j:plain
上野駅公園口

27日、日曜日。

 お暇をいただいて本屋巡り。丸の内・丸善お茶の水丸善秋葉原有隣堂、上野・明正堂書店。『ひらばのひと』2巻、『紛争でしたら八田まで』1~3巻、『ダンダダン』1巻、『人新世の「資本論」』、と積ん読を増やす。

f:id:ymmtdisk:20220307153109j:plain
ドラッグストア

今週の覚え書き

今週のはてな

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO