はせる

は・せる、馳せる

見聞録 2020-11

 とりあえず11月の見たもの・聞いたものの話でもしませんか。埋め込みは6件。

f:id:ymmtdisk:20201214161909p:plain

 画像はYouTube「吉澤嘉代子「サービスエリア」MUSIC VIDEO - YouTube」のキャプチャ。


音楽

吉澤嘉代子 - サービスエリア

www.youtube.com

natalie.mu

降幡愛 - パープルアイシャドウ

www.youtube.com

NiziU - Step and a step

www.youtube.com

堀未央奈 - 冷たい水の中

www.youtube.com

LOONA - Star

www.youtube.com

動画サイト

書籍

booklog.jp bookmeter.com

怪談えほん (3) いるの いないの

 今月のピックアップ。京極夏彦・作、町田尚子・絵のこわい絵本。内容は基本に忠実な怖さで、絵がそれを上手く引き立てていると感じた。

怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)

 NHK Eテレにて朗読+アニメ+ドラマで映像化されていて、本放送を観られなかったんだけど12月19日 午前0:50から再放送される。

www.iwasakishoten.co.jp

映画

filmarks.com

今月観た映画一覧

 括弧内は制作年、リンク先はFilmarksの感想ページ。

ブリグズビー・ベア

 今月のピックアップ。この映画は確か星野源ANNの中でオススメされたもの。以下は個人的にまとめたあらすじ。

シェルターで暮らすジェームズは、父・テッド、母・エイプリルと暮らしていた。外の世界との繋がりは、毎週届く『ブリグズビー・ベア』という番組とチャットだけであった。ある夜、侵入してきた警察によりジェームズは保護され、両親は逮捕されてしまう。自分が幼いころに誘拐された身であることを知ったジェームズは、本当の両親と妹と新しい生活を送ろうとするが、『ブリグズビー・ベア』のことを忘れることができず、最後のエピソードを自分で製作しようと奮起する。という展開。

ブリグズビー・ベアのymmtdiskの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks映画

 主人公の元父・テッドはマーク・ハミルが演じている。吹き替えではスターウォーズのルークと同じく島田敏さんが声を当てていて、流石わかってるぅ、となる。

www.youtube.com

予告

広告

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO