はせる

は・せる、馳せる

ピークタイムのチークタイム

 駅の出入口や改札前で、別れを惜しむカップル。なんでもない金曜日のはずだけど、今日は四ツ谷駅で2組も見かけた。(四ツ谷駅でもいるんだな、と思った)

 既婚者というステータスになって、彼らを客観的に眺めて見ると、なんか滑稽にも思えてしまう。まあ、いま私が既婚者というだけで、自分も経験してきた道ではある。「彼らにとって、今が本日のピークタイムなんだろうな」と一瞥しつつ、頭の中には「結婚 or 別離」の脳内選択肢が浮かんだ。もしこの先結婚を考えている程の関係ならば(まあ同棲でもいいけど)、とっととしてしまって一緒に帰ったりすればいいし、もしこの先別れてしまったら……(と考えるのは野暮なんだろうな)、君たちはその時間のことを振り返るときにどのように思うんだろうか(いい思い出か、そうか)。

 別れを惜しんでメソメソする、暫くおあずけとイチャイチャする。邪魔だ止めろとまでは思わないようにしている。けど、当時のことを思い返せば、自分ら以外はみんなモブだった。結局はそういうことなんだろう。ピークタイムのチークタイム。

 でも、私にとっては彼らがモブなのである。

Untitled

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO