はせる

は・せる、馳せる

頭骨の見る夢

 9月30日、国立科学博物館の昆虫展へ。

f:id:ymmtdisk:20180930162136j:plain


 台風接近の直前ということもあってか、来場者の数も思っていたよりは少なく、でもゆっくりと展示を見るには多いな。という感じでした。


 標本の回廊。が、声が出るぐらいお気に入りでした。地球館3階「台地を駆ける生命」のフロアでも感じるような、意図的に時間を止められたものに囲まれる不思議な感覚が、なんだか好きなんです。


 特別展を見終えて昼食をとり、いつも通り常設展の方へ。

影はかく語りき

studying

 今日も来ました、恐竜のフロア。何度も来ていると、見方や撮り方も変わってくる。


頭骨が記憶する物語

 頭骨。と口に出してみて、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を思い出していた。最近の著作は読んでないけど、(何度も言っている気がするけど)やっぱり初期の頃の長編が好き。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)


原生

時間の鑑賞

 地球館1Fの系統広場も息子のお気に入り。床を這う系統の木を辿るのだ。


 この日が含まれる週報はこちら。

blog.ymmtdisk.jp

© 2012-2018 Daisuke YAMAMOTO