はせる

は・せる、馳せる

秋晴れの朝に

 虫の話なので注意。

 会社の最寄り駅である四ツ谷駅は、外堀が近いからか自然がある。最近できた商業施設のコモレ四谷もその敷地内にまあまあの草木を有していて、この季節は虫の声がよく聞こえる。駅に着いて、どのように会社まで歩くかはその日の気分によって決める。雨なら屋根の付いたルートを含む最短距離、天気がよければ横断歩道をひとつ多く渡るルート、あえての遠回りルート、裏路地を通るルートなど、散歩コースがいくつかあるけど、どれも自然を目にすることができる。

 ある日の通勤時、裏路地でGが潰れて死んでいた。あの素早いGが、人通りも少ない裏路地で踏まれてしまう確率はいかほどか。これは、早朝通りかかった近所の人が、駆除のために踏みつけているのかな。小学生ぐらいの頃であればアリやトンボを軽い気持ちで傷つけたりもしていたけど(ザトウムシも思い出しちゃった……)、今は極力殺生をしないように心掛けている(蚊や小バエなどはしようがないとして)。でも、まあGなら駆除するか……と思ってしまう(雑菌や細菌を媒介する衛生害虫であり、且つ不快害虫というのはやっぱり大きい)。

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO