はせる

は・せる、馳せる

書くこと撮ること

 昨日は「ネタがない」と書いた。文章の練習として始めたことなので、できるだけ言葉で物事を伝えるようにしたいなとなんとなく考えていて、だから文章の練習の中で写真を使うのはタブーだろう。と、勝手に結論づけて意固地になっていていた(たまにある)。

 けど、昨日の文章を書いて(そしてそれを読み返して)、「書きたいものを見つけて書くこと」が「被写体を見つけて写真を撮ること」と近しいことだと思っているなら、撮った写真について文章を書くことも別にアリなのでは。と思い至った。
 昔の写真については「記憶の書架」というカテゴリーで、写真全体のことや写真に写っている街・物・人のことを取り上げて、それについて深く考えて文章にする、ということをやっていた(現時点で8回だけ、つまり、最近はやっていないのだ)。今も日常的に写真を撮っているので、直近の写真についても同じことをしてみよう。これは、もしかすると写真を撮ることにもいい作用があるかもしれない。と、少し心が弾んだりもする。

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO