はせる

は・せる、馳せる

阿佐ヶ谷住宅の31と30

 「記憶の書架」に手をかける。古い写真を取り上げ、埃を払い、記憶を辿る過程で、現在に照らし合わせながら整理整頓する試み。
 今回は13年前、2009年6月7日(日)の写真。場所は杉並区成田東にあった阿佐ヶ谷住宅

31&30

 カメラはCanon EOS Kiss Digital N、レンズはEF 28mm f/1.8 USM、とメモしてある。

写真のこと

 Canon EOS Kiss Digital N(以降、キスデジN)の時代。私のカメラ遍歴は、コンデジを除くとキスデジNから始まる。2006年末に標準ズームレンズキットで購入して、1年経たないうちに今も使用しているEF 50mm F1.4 USM、次にEF 28mm F1.8 USMの順で揃えていった。
 この写真を見て、今ならもうちょっと違う構図を考えて撮るかな、と思ったりする(笑。当時は真四角の写真ばっかり撮っていたので仕方ない。という言い訳。

 これはほぼ余談だと思うんだけど、この写真、EXIF情報を見るとF値を3.2で撮っている*1。メカニカルな機構を持つレンズだと、F値の最大解放が2.8とすれば、1段ずつ絞っていくと3.5、5.6、8、11、16、22と変化していく。その段階に慣れてしまうとデジタル一眼レフでもこの設定値を使うようになるので、その上でこの値を見ると「3.2ってどうよ?」と思ってしまう。ずっと自覚していたけど、この感覚を文章にするのはたぶん初めてのこと。個人の感想です。

記憶を辿る、考察と補填

 阿佐ヶ谷住宅Wikipedia)とは日本住宅公団が整備した中層集合住宅とテラスハウスからなる団地、だった。『日本の不思議な建物101』という本を読んだことが切っ掛けで、なんかいろいろと思い出した。

 阿佐ヶ谷に住んでいて、且つ写真を趣味としている。だからといってすぐに阿佐ヶ谷住宅に行くかというと、まあ実際そうでもなく、写真を趣味と認識してから暫く経ってのことだった。写真友達など当時仲良くしていた人と一緒に散歩したり、ちょっとしたピクニックみたいなことをしたり*2、自転車を購入してからはこの写真の広場で休憩することもあった。写真を撮る人たちにはちょっと名の知れた場所ではあったけど、純粋に落ち着く場所であり、不思議な吸引力を感じる場所だった。

Untitled

 南阿佐ヶ谷駅方面から向かうと、古めかしい外観の給水塔が迎えてくれていた。この給水塔も阿佐ヶ谷住宅もすでになくなっていて、今はすべて取り壊されて再開発され、中低層マンションとテラスハウス群になっているようだ。

booklog.jp

*1:同じ日の写真を見ると、微妙な値はこの写真だけなので、ダイアルに間違って触れてしまった可能性が高い。

*2:友達に阿佐ヶ谷住宅の住人は一人もいないので、いけないことである。

続きを読む

夢と幻想の森

 「記憶の書架」に手をかける。古い写真を取り上げ、埃を払い、記憶を辿る過程で、現在に照らし合わせながら整理整頓する試み。
 今回は9年前、2013年5月26日(日)の写真。場所は北区西ケ原にある旧古河庭園"forest of dreams"シリーズのひとつ。

forest of dreams (36)

 カメラはHASSELBLAD 500C、レンズはPlanar C80mm F2.8、フィルムはFUJICOLOR PRO 400、とメモしてある。

写真のこと

 撮った写真をザッと振り返ってみると、花や木、木漏れ日など自然を写した写真がそこそこあり、中でも構図上「鬱蒼とした森」のような(そう見える)写真を多く撮っていることに気がついた。葉擦れの音を聞いたり、それに伴って踊る木漏れ日に包まれることが好きだったからだと思う。
 それと、写真を趣味として認識していく中で、村上春樹の小説、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』や『海辺のカフカ』などを読んで、物語に登場する森(と、それが孕む孤独)に魅了されたことも、大きな影響になったのは間違いない。

 Flickrでそれらをアルバムにまとめてみると、なんだか安らぎを感じて、そこからなんとなく始まったシリーズだったと思う。
 あと、FUJICOLOR PRO 400は特性として緑色が鮮やかえに出るフィルムだったので、そのことも強みとして働いたんだなあ、と改めて考えた。

 日差しに透ける葉っぱなどは今でも撮ったりしているので、このシリーズも折を見て再開するのもいいと思った。

記憶を辿る、考察と補填

 場所は旧古河庭園Wikipedia)の馬車道。このとき確か隣には妻がいて、入籍から2ヶ月ぐらいの頃。たぶんこのときもバラフェスティバルの開催中で、バラアイスを食べたり、バラ柄の手鏡を買ったり(今も使ってくれている)、よく行っていたことを思い出す。なんとなく行かなくなってしまい、もう4年ぐらい経ってしまった。

 旧古河庭園都立庭園のひとつ。今、春のバラフェスティバルが3年振りに開催されている真っ最中であり、バラの名所なんだけど、ここではあえて庭園の魅力も知っていただきたい。旧古河邸と同じ上段には西洋庭園が広がり、中段はバラ園、下段には日本庭園と心字池がある。庭園に高低差が付けられていて、上段からバラ園と日本庭園を見下ろしたり、下段からジョサイア・コンドルが設計した西洋館を見上げるなど、それぞれお気に入りのビューポイントがきっと見つかるはず(バラフェスの時期には、ライトアップされることもある)。

www.tokyo-park.or.jp

 あと、元々の土地所有者であり、この地で亡くなった陸奥宗光Wikipedia)は、台東区根岸に居宅が現存し、今も一般住宅として使用されている。これもなにかの縁。

続きを読む

阿佐ヶ谷定点観測

 「記憶の書架」に手をかける。古い写真を取り上げ、埃を払い、記憶を辿る過程で、現在に照らし合わせながら整理整頓する試み。
 今回は13年前、2009年5月17日(日)の写真。場所は杉並区阿佐谷北、中杉通りの歩道橋の上。阿佐ヶ谷定点観測シリーズのひとつ。

阿佐ヶ谷定点観測 2009/05/17 15:30

 カメラはHASSELBLAD 500C、レンズはPlanar C80mm F2.8、フィルムはFUJICOLOR PRO 400、とメモしてある。

 当時は思い立ったら、早朝、昼間、夕方、夜、雨の日でも、この歩道橋の上から同じ構図になるように写真を撮り続けていた。期間としては2009年4月から2010年12月までの1年半以上、毎月とはならなかったけど、最終的に23枚の写真がある。
 中杉通りの季節のサイクルが、早朝の静けさ、昼間の木漏れ日、夕方の日差し、夜の灯り、雨の水溜まり、といった日常の美しいものと一緒に写真に残る。それらに加えて道路脇に停まっている車や横断歩道を渡る人など、同じ構図だけど全く同じ写真にはならないので、どんどん増えていく写真をスライドショーにして眺めるのが楽しかった。
 定点観測であるからこそ、並べてみたときに構図の中に主役というものがなく、「構成する要素すべて」を見ること、見比べることになるのかな、と考えた。今。

 このシリーズがなにを切っ掛けに始まったか、詳しいことは憶えていない。ただ、デジタル一眼レフ(当時はCanon EOS Kiss Digital N)を使って同じ場所から撮った写真があり、その1ヶ月程あとに定点観測の最初の1枚目になる写真を撮っていて、これらを比較するのが楽しかった、というのが理由のような気がする。単純。あとはハッセルブラッドが同じ構図で撮れるようにセッティングすることが楽だった、というのもあるかもしれない(歩道橋の手すりに置いて、グリッドスクリーンのセンターラインと道路のセンターラインを重ねる)。

 この定点観測シリーズ、ポイントは下記4つに集約できると思った。

  • 同じ構図にすること
  • 季節がわかる要素を入れること(本当は通行人などの人も入れたい)
  • 撮影する場所で暫くじっとしていても交通の邪魔にならないこと
  • 継続すること

 この中でも一番大事なことは、継続して写真の枚数を積み重ねていくことだと思う。雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑さにも負けぬ、丈夫な身体*1と意欲と根気。それが当時はあったんだなあ(今も健康なんだけど)。

 構成する要素は全く同じにはならないけど、今住んでいる近くで新しく始めるなら桜の木を構図に入れることができるあそこだな、と候補地は既にある。
 じゃあいつ始めるの。もうちょっと先かなあ。

続きを読む

エモーション

 「記憶の書架」に手をかける。古い写真を取り上げ、埃を払い、記憶を辿る過程で、現在に照らし合わせながら整理整頓する試み。今回は12年前、2010年4月3日(土)の写真。場所はJR新宿駅、たぶん山手線・総武線の15・16番線ホーム。階段の縁に腰を押しつけて、電車を待つ人々を撮った写真。

e-motion (2)

 カメラはHASSELBLAD 500C、レンズはPlanar C80mm F2.8、フィルムはFUJICOLOR PRO 400、とメモしてある。夜なので、たぶん1/8~1秒程度の露光だと思う(F値シャッタースピードはメモしてない)。
 上の写真だけ他と比べてアングルが少し低く、本当は人の上半身のあたりを上下中央に置きたい。けど、そのおかげで階段壁の広告が入って、それはそれで面白い結果になった。ギャッツビー。

 自分も同じ体勢で電車を待っていて、ふと冷静に自分の姿を客観視するように思い付いた構図(だったと思う)。最初は、到着する電車をブラすことがポイントと考えていたので、電車の動きと心の動きを重ねて「e-motion」というシリーズにしていた(beatmaniaの曲名をオマージュ)。1枚目に持ってきた構図では、人が前後に重なっているのも面白い構図だなあ、なんて思いつつ、撮ったのは3月から4月の間の3枚だけ。なぜ続かなかったんだろう。
 新宿駅のホームは幅が広いので、ある程度ディスタンスが取れるからこの構図ができた、ということをなんとなく考えた。今、通勤で乗り降りしている駅のホームは印象として全部そんなに広くはないので、同じ構図を始めるなら上野駅で降りるしかないか。

続きを読む

見えているのに見ていない(2022W16)

 フォーカスの内と外。

2022W16 (2022-04-18 / 2022-04-24)

 国際子ども図書館で『世紀をこえる煉瓦の棟』という展示を見てきた。普段は絵本関連の企画展示なんだけど、これは国際子ども図書館の建物、旧帝国図書館自体に関するもの。通常、撮影可能な場所は限られているけど、この展示に合わせて普段撮影禁止になっている場所も一部開放されていた。

 絵本関連の展示だったり、読み聞かせイベントだったりで何度も来ているんだけど、今回の展示が建物自体についての内容ということもあって、天井や柱など細かいところを解説とともに眺めて写真を撮った。そしたらまあ、新しい発見があること。もちろん展示の内容の補助もあるんだけど、何度も来ている場所でいかに周辺を見ていないかということを思い知らされた。

 隠されているわけではなく、見えているものでも、見ていなかったもののことについて考える。「見ていない」とは、意識の中に存在していないということではなく、フォーカスが当たっていないというようなこと。周辺視野みたいな。”それ”がなくなってしまったあとに気づいても、実体を失っているのでフォーカスできない、ということになる。”それ”が自分の生活にどれぐらい身近であったかにもよるけど、そこになにがあったか、どんどんおぼろげになっていく。

 この日、家の近所にある建物2棟に「解体工事のお知らせ」を見つけた。形は消えていくけど、ここに書き残しておく。

 前にも似たようなことを書いてるな、と思ったのがこちら。

blog.ymmtdisk.jp blog.ymmtdisk.jp

続きを読む

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO