はせる

は・せる、馳せる

鶯谷駅南口ランデブー

 9月19日、20日、帰り道の鶯谷スナップ。

ymmtdisk.jp

 鶯谷駅の構内は少し不思議な造り。

 南口は台地の崖上、北口は崖下にある。南口の駅舎はホームから少し離れたところにあり、後付けとなったのであろうエレベーターとエスカレーターへは階段へ向かうものとは違う通路を新設している。
 こんな小さな、さらには山手線で乗降客が一番少ない鶯谷駅でも、南口への通路の途中にそば屋が入っている。これも不思議なポイント。


 凌雲橋降りる。

ymmtdisk.jp

 凌雲橋の歩道から降りる階段横の壁。電線管のボックスと壁付け街灯の番号。味があるなぁ。


ymmtdisk.jp

 凌雲橋から言問通りへ緩やかに下っていく新坂。路側帯で降りると景色が違って面白い。

 凌雲橋は陸橋横の歩道(後付けとなった歩道橋)とは別に、車道脇にも路側帯がある。これは歩道の末端が階段であることに由来すると思う。片側にエレベータが設置されているが、これは22時で停止する。


ymmtdisk.jp

 坂の途中から繁華街を眺める。いつもより少しだけ高い位置。


ymmtdisk.jp

ymmtdisk.jp

 坂の末端で撮影していたらタクシーが被ってきたが、これはこれで好きな写真になった。


© 2012-2017 Daisuke YAMAMOTO