はせる

は・せる、馳せる

トラックボールころころ

 もう10年以上トラックボールを使っている。今、「トラックボール?」となった人は、まあまあいるのかもしれない。すごく簡単に言えば、マウスをひっくり返したような形のやつ(といっても、ボール式のマウスを見たことがない人も今はいるのかな……)。

 一時期入力デバイスにこだわっていたことがあって(そういえば最近、「マツコの知らない世界」でキーボードが取り上げられていたねえ)、その頃はHHKBとか、今も使っているRealForceとか、単価1万円を超えるデバイスを使っていた(良いものは打鍵感がよく、さらに疲れにくい)。キーボードは何個か変遷するものの、ポインティングデバイスは一貫してケンジントンのExpertMouseトラックボールを使い続けている。トラックボールのなにがいいかって、手は動かさず指だけでポインタを動かせるところと、ポインターの移動にボールの慣性が使えるところ。手を動かす範囲が狭ければ、そのぶん疲れにくくもなるはず。

 キーボードもマウスも、やっぱり人それぞれ使いやすい(、あと疲れにくい)ものはあって、日常的に使うものにはよりいいものを検討する時間やお金をかけるという判断は正しいと思う。なんて考えているのは、今日ケンジントンの新製品発売の記事を目にして物欲を刺激されたからである。物欲。

japanese.engadget.com

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO