はせる

は・せる、馳せる

おぼろげなカメラ

 写真を初めて撮ったときのこと。フィルムカメラを初めて触らせてもらったのは小学校低学年ぐらいのときだった。巻き上げレバーの操作が気持ちよく、フィルムが入っていないときに、巻き上げて、シャッターを切り、巻き上げて、シャッターを切り……を繰り返し遊んでいた。ファインダーを覗くのも楽しかった。ある日、奥入瀬渓流に行ったときには、実際にフィルムを入れてカメラを持たせてもらった。ただ、当時はやっぱり最短焦点距離なんて知識はなく、遠景以外はすべてピントが合っていなかった記憶がある。

 私が社会人になってから自分でデジタル一眼レフを始めたときに、母も写真が好きだったと話していた。だからたぶん、うちにフィルムカメラはあったんだと思うけど、いつの間にか姿が見えなくなっていた。どこのメーカーだったのか、それは一眼レフだったのか、全然記憶にない。でもあれが、私のフィルムカメラ初体験だったことは間違いない。

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO