はせる

は・せる、馳せる

カーステレオから流れる

 「ドライブと音楽」というお題に向けた下書きを、書き上げる。

f:id:ymmtdisk:20180331133802j:plain

車で音楽を聴く

 ドライブと音楽、という組合せで記憶を辿ると、まずは中学生当時(1996年に中1)のことを思い出す。

 地方のアニメオタクだった私は、アニメソングでオリジナルのカセットテープを作り、家族で出掛けるときにも母の車でそのテープを聴いていた。当時は『るろうに剣心』でT.M.Revolutionの「HEART OF SWORD 〜夜明け前〜」が起用されていて、この辺りからアニメソングとJ-POPとの境目があいまいになったり、J-POPのアーティストもアニメ主題歌で起用されることが多くなっていった気がする。(るろうに剣心のOP/EDはヒットするというジンクスもあったなぁ)

 母はT.M.RevolutionやPAMELAH(地獄先生ぬ~ベ~ED)を気に入ってくれたので、私としても他にも良い曲があるということを伝えたくて躍起になっていった。さすがに祖母の感覚には合わなかったようで、「こんなの歌じゃない」と言われたのも、今となってはいい思い出。

もっと遡ると

 小学生のころは「伊奈かっぺい」のカセットテープをよく聞いていた。

 伊奈かっぺいさんは、簡単に説明すると青森ローカルのマルチタレントなんだけど、過去には全国ネットで和田アキ子と番組を持っていたこともあった。カセットテープやCDとして販売されているのは津軽弁の方言漫談で、これを聞いていたおかげか、南部地方出身でも津軽弁をある程度理解できている。一人暮らしの時には気持ちが沈んだときなんかに聞くこともあった(津軽地方は出身地ではない)。

 今現在、伊奈かっぺいさんは72歳とのことだけど、TBSラジオにゲスト出演したり、都内でトークイベントをしたり、今でもご健在のようでうれしい。次回のトークイベントには行きたい。

最近は

 実家に帰省して父の車に乗せてもらうと、大抵はカーナビモニターでテレビが流しっぱなしにされており、これは正直好きではない。最悪車酔いするのでラジオにしてほしい。とは言えずに視線を外へと運ぶのであった。

© 2012-2019 Daisuke YAMAMOTO