はせる

は・せる、馳せる

おいしいごはん (2024W24)

 一番好きな食べ物はなに?

2024W24 (2024-06-10 / 2024-06-16)

 と、聞かれることがたまにあるだろうけど、そういうとき、私は少し困る。「好きな食べ物」はいくつかあって、その中から「一番」を選ぶには、その日の体調や、その日それまでに目にしたものに影響されて順位が変わるかもしれない。なので、テンプレートのように「さば味噌」と答えている。甘塩っぱい味噌と脂ののったサバはごはんとの相性がよく、好きな食べ物であることに偽りはない。初めて生姜が乗っかっているさば味噌を食べたときに走った衝撃は今も忘れられない。骨なしだとさらに最高。ごはんが進む。
 他にも、さば味噌と同じ程度に好きな食べ物もたくさんある。和からしをつけたとんかつ、カツ丼*1、カレー(日本のカレーもスパイスカレーも)、お刺身の盛り合わせ……挙げていくとそこそこの数がある。そこではたと気づく。ごはんが一番好き。

続きを読む

2024-169 担

 2024年6月17日、月曜日。晴れ。

 参観日の振替休日で息子はお休み。市川沙央『ハンチバック』を読み始め、読み終わった。96ページ。

booklog.jp

 土日は寝かしつけで一緒にふとんに入るので、そのまま眠ってしまうことが多くなって来た。つまりテレ東深夜の坂道シリーズの冠番組がリアルタイムで見られていないということ。というわけで月曜日に見ることになる。乃木坂も櫻坂も後輩との信頼関係にフィーチャーしていたり日向坂も軍団員争奪バトルだったので、メンバー間の関係性が感じられる週だった。希望の軍団を提示させておきながらドラフト形式だったのでいかがなものか、という感じがしたけど、新しい軍団のリーダーに山口陽世を抜擢したり、思うように人員を得られなかった「山口家連れ込み隊」に救済措置が執られて終わったので安心した。

www.oricon.co.jp

 SWITCH 7月号は買おう、と思った。

アレ アレ! (2024W23)

 自転車に思いをはせる。

2024W23 (2024-06-03 / 2024-06-09)

 義母の協力を得て、息子の自転車をサイズアップ、妻の自転車を購入することになった。今の息子の自転車は年少のころにうちの父母から買ってもらったものなので、サドルの高さはもう上がりきっているし、跨がらせてみるとはっきりわかるほどに小さい。さらには、7月に自転車教室のようなものが小学校であるということで買い換えが急務だったところに、義母からの提案。妻に聞いてみると、元々は「冷蔵庫買ってあげようか?」だったらしいけど(うちのは古くてちょっと小さい)、致命的なほど困っているわけではないので、優先度の高いほうをお願いすることにした。ちゃっかり妻も買ってもらうことになり(娘という立場なので)、近場はこれで交通費が浮くと楽しそうだった。お会計の時の義母のリアクションを見ていると、金額が想定をいくらか超えていそうだったのが気になった。

 私はというと、今は自転車がない。独身時代に乗り回していた自転車は、結婚して子どもが生まれるまでは乗っていたけど、屋根付きの駐輪場で経年劣化してしまったので然るべき対応で処分した。今自転車を買うなら……という想像をすることはあるけど、頭の中ではロードバイク以外の選択肢はないので、つまり金額がそれなりになり、そっと気持ちをしまってしまう。

 そうだ、ツール・ド・フランス、もうちょっとで開幕ですね。

www.jsports.co.jp

続きを読む

また (2024W22)

 書けない?

2024W22 (2024-05-27 / 2024-06-02)

 「書けない」のではなく「書かない」のだと考える。一日を振り返って言葉を捻出することに使えたはずの時間を、ただ無為に過ごしていたと思う。文章を書くことは好きだと思っていたけど、TVerYouTubeで動画を見るなどインプットの方がしやすいので、そちらにかまけてしまう。かと言って、「書くぞ!」と意気込んでもなかなか出てこないものだとも、これまでの経験から感じている。じゃあどうるすか、というと、普段からちまちまと書くしかない。アウトプットしやすい環境を展開して、その中で、思い浮かんだ単語でも、気に入った文章の書き写しでも、とにかく書くことから離れないようにして過ごしてみよう。やってみよう。

続きを読む

2024-158 スピ

 2024年6月6日、木曜日。曇り。新月

 乃木坂46ANN、佐久間宣行ANN0と聞いて、ダレハナリアルタイム。ゲストに佐久間宣行。

 文フリで購入した本を読み進める。すみこさんの『わたし・いま・ラジオ』は読み終えた。まだ感想をまとめているところだけど、人生これまでで「こんなことがあった」「こんなことを考えていた」という思い出とともにラジオがあるという感覚に、すごく共感する。
 ここ最近は並木毬絵さんの『不在と読書』を持ち歩いて、今日読了。大正・昭和のころに出版された古い本を中心とした読書と日々の記録。読んだ本、引用した部分、から実際に手に取ってみたくなる本がいくつかあった。そういえば子規庵が近くにあるのに、正岡子規について調べてみたりしていなかったな、と。天気、気温、季節、移動中、移動先、読んだ、見た、聞いた、などなど、その人の感受性と言葉。だんだん好きな日記やエッセイのタイプが具体的に言えるようになっていく感覚がある。

 諸々担当分の家事を終えて妻と会話し、一人の時間(夜ふかしとも言う)に入る。『サーヤ特番』で公開された動画を見始める。東京ホテイソンたけるがゲスト。ニシダも面白いんだけど、サーヤはすげぇな、って思う。たけるの「う○こ・ち○こ」で十分楽しい、という気持ちもよくわかる。というか、備中神楽をやっていたことは知っていたけど、神社や古事記日本書紀の知識もあるのか。ネタ書いてない方で元読者モデルぐらいの認識だったけど、Wikipedia読んでぐっと興味が湧く*1

www.youtube.com

© 2012-2024 Daisuke YAMAMOTO