はせる

は・せる、馳せる

カフェラテを二人で(2022W42)

 コミュニケーションについての週。

2022W42 (2022-10-17 / 2022-10-23)

 受け取ったバトンに取り組んだり、そのリアクションをもらったりした。そのことについては別の記事にて。

blog.ymmtdisk.jp blog.ymmtdisk.jp

 『リプライのような余談』でも触れたけど、20日深夜放送の『じゃないとオードリー』での「人間ってコミュニケーションする動物だよ」っていう発言に痺れた。以来、「コミュニケーション」について考えている。

 妻と息子が寝静まったあと、一日の終わり。一人で夜更かしをして、PCなりスマホなりテレビなりを眺めながら、少しホッとしたような気持ちになる。すごく「個であること」を感じる時間。
 私は個である。実際に独りでいるということではなく、家族と暮らしていようが、恋人や結婚相手などパートナーがいようが、それらは究極には他者なので、やはり私は個であるということを意識する。私自身は、精神的な安定のために一人の時間が必要だということは、もうわかっている。でも、それと同時に一人だけで生きていないということも、よくわかっている。

 朝、息子を小学校へ送り出したあと、私が会社へ出勤するまでの間(始業が10時なので)、妻とカフェラテを飲みながら話をしている。話題としては、息子のこと、行事のこと、ニュースのこと、プロ野球のことなど、そのときと場合によりいろいろ。これは最近習慣のようになったことで、この時間がかなり好きだ。

 家庭で、通勤で、仕事で、お店で、親密なものから些細なものまで、他者がいる限り、どこにでもコミュニケーションは発生する。ごっそりと精神的に消耗するコミュニケーションもあれば、反対に、みるみると精神的に回復するコミュニケーションもあることに思い至る。妻との朝の会話は、紛れもなく後者だと思う。

 回復系のコミュニケーション。とは、どんなものか。結局は親密な関係の間に発生するものだろうか。「楽しかった」とか「面白かった」みたいなポジティブな感想を持つコミュニケーションはあれど、それがイコール回復系なのだろうか。考えていくとわからなくなっていく。
 今は、そのコミュニケーションの満足感とか充足感?に関係しているような気がしている。

続きを読む

ショウアップ(2022W41)

 これまでほとんど縁がなかったバスケットボールの試合を観戦してきた。

2022W41 (2022-10-10 / 2022-10-16)

 B1リーグ、アルバルク東京 vs 群馬クレインサンダーズの試合。アリーナMCの「ディーフェンス!」コールはもちろん、基本的に音楽が大音量で流れているし、ハーフタイムにもダンススクールやマスコットキャラクターを絡めたショーがあり、タイムアウトにもチアリーディングチームが出てきたり、試合の開始から終了まで本当に隙間なく盛り上げる。上手くショウアップされて、見ていて飽きる隙がない。

 ただ、息子はこの日の眠気の方が勝ってしまったようで、途中から妻と一緒に子ども向けの体験コーナーの方へ行ってしまったけど、第4Qには戻ってきて一緒に終盤の展開を観戦した。
 この日の試合は得点差が広がらず*1大興奮の展開で(下の方では結果にも触れる)、Bリーグで初めて見た試合として満点をつけてもいいぐらいだった。

 バスケットボールはサッカーや野球に比べて基本的な試合展開も攻守の切り替わりもスピードが早く、観ていて楽しかった。私個人としてはスピードのある動きをする選手が好きなので*2、群馬の14番、並里選手の動きがとても気持ちよかった。
 妻も息子もバスケの試合を楽しんだようで、且つ、アルバルク東京のマスコット、ルークが気に入ったらしく、帰りにぬいぐるみ(小)を購入した。

 今年はこれまで、プロ野球2試合、Jリーグ1試合、Tリーグ1試合と観戦してきたけど、Bリーグは興業としての派手さがすごく印象に残っていて、「あー、やっぱりアメリカ文化ねー」という感想が湧いてくる。質の良いショーを観に行ってきたような感覚でいる。

 完全な余談だけど、たぶんアメリカ文化然とした印象が影響して、チアリーディングチームを見てHootersを思い出したりもした*3。懐かしい。

*1:バスケの試合がそもそもそういう展開をする、ということも有り得るか……?

*2:千葉ジェッツの冨樫選手とかね。

*3:都内では赤坂、銀座、渋谷、新宿西口、全国合わせると最大7店舗あったけど、2020年頃に閉店が相次ぎ、現在は銀座店のみ。ポッドキャストの収録終わりにみんなでよく行っていた。

続きを読む

My Internet: ymmtdisk

 バトンが回ってきた。

 妻と息子が寝静まった日曜日の夜に、あいおさん(id:icecreamrion)と中村さん(id:danse)のTwitterスペースを拝聴していて、お二人の会話がバトンのやりとりに触れるところであいおさんから声でIDコールをいただいきました(なんでだ)。折角なので、ちゃんと答えます(バトンを受けるのは好きです)。

 そのTwitterスペースの中で、中村さんが話していた「いろいろなブログであいおさんのスターを見かける」に共感するとともに、私は中村さんのこともいろいろなブログで見かけて気になっていて、ちょっと前に中村さんを読者登録とツイッターフォローしたところでした。今日も「あ、2時間前に公開されてる」と思って見に行った記事に、お二人のスターだけが並んでいて変な声が出ました。お二人とも、ほんと、ブログ(読むの)好きですね。
 ちなみに、中村さんもあいおさんからのバトンに回答されています。

icecreamrion.hatenablog.jp boldmove.hatenablog.com

 このバトンはブログというか、インターネットそのものやソーシャルメディアについてのもの、と、ざっくりまとめるとそんな感じになりそう。元々はねじまきさんが海外のニュースレターのインタビュー企画(My Internet: The Archive - by Nick Catucci - Embedded)から持ち込んだもののようです。

www.nejimakiblog.com

 だから質問の内容も英語圏のインターネット文化を元にしている印象なので、その違いからちょっと回答に困るところもありました。でも、バトンを辿ったり元のニュースレターも含めていろいろな人の回答を読んでみるとどれも興味深くて、「ネットは広大だわー」と久しぶりに思いました。

 では、私の回答をば。

続きを読む

© 2012-2022 Daisuke YAMAMOTO