はせる

は・せる、馳せる

トッキュウジャーを見届けて

 トッキュウジャーを最終回まで見届けました。

イマジネーションの力はすごかった

/articles/3371

 こちらの記事で触れていた「トッキュウジャーメンバーは、実は子どもなのでは?」が当たり、イマジネーションの力で大人の姿になった子どもがシャドーラインと戦っている、という構図にななりました。これは応援しないわけにはいかないですよね。

https://twitter.com/ymmtdisk/status/569483797953155072

 もう心境的にはお父さんでした。誰のお父さん気分なのかというと、トカッチ。こんなに親しみのあるブルーは初めてかもしれません。

[amazonjs asin="4056107718" locale="JP" title="「烈車戦隊トッキュウジャー」フォトアルバム (学研ムック)"]

 結末への落とし込み方には無理矢理感を感じずにはいられないのだけど、大人の姿のままでも家族が自分の子どもだと認識するあたりでは結構感動してしまいました。

 グリッタやシャドーライン幹部がキラキラできるんだから、きっとシャドーラインに属する人たちにもイマジネーションはあるんじゃないですかね。もしそうであれば光と闇を完全に分断せず、もっとゼットが報われたらよかったんだけどなぁ、なんて思うのです。

恒例のVシネマ

 トッキュウジャーのVシネマ、見たいです。

https://www.youtube.com/watch?v=kP7SSixe0jM

[amazonjs asin="B00SMHKCMO" locale="JP" title="帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 超全集版(仮)(初回生産限定) DVD"] [amazonjs asin="B00I4JZOIM" locale="JP" title="烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー"]

© 2012-2017 Daisuke YAMAMOTO