はせる

は・せる、馳せる

focus: 電車待ち

 写真を一枚取り上げて、その写真を撮ったときにどんなことを考えていたか、思い出して考察を交えつつ書いてみる企画をやってみようと思う。ただ、写真の撮り方としてはそんなに参考にならないかもしれないけど。
 ということで今回はこの1枚。

電車待ち

電車待ち
  • taken on January 2014. at JR Yurakucho Station, Tokyo.
  • HASSELBLAD 500C
  • Planar C80mm F2.8
  • FUJICOLOR PRO 400
  • たぶんf2.8、1/8秒
  • 手持ち

 撮影したのは2014年1月、JR有楽町駅ホーム。この日はたぶん東急ハンズやレモン社を廻りつつ、なんか撮ろうと思ってはいたものの1度もシャッターを切らずに帰路についたんじゃなかったっけ。それで、「また今日もかぁ……」とぼーっとしつつホームで電車を待っているときに、向かいの山手線外回りホームに立つ女性が脚をクロスさせていたり、人の配置が綺麗だったのでカメラを構えて構図を整えていたら京浜東北線が入り込んできて、シャッターを切る、という感じ。

 露出はメモ取ってないので感覚で話します、ごめんなさい。
 スタデラで露出を測ってその通りに設定していると少し暗い印象になることが多いので、普段撮りたいイメージに併せてプラス側に1段から3段まで感覚で補正している。このときスタデラでは解放で1/16秒ぐらいでも行けるよと出ていると思うけど、今回は少し暗めでも良いということで1/8秒。
 夜なのでフィルムカメラだとシャッタースピードに難が出てくるけど、お酒を飲んでさえいなければ1/4秒までなら気合いでなんとかなる。

 女の子が脚をクロスして立っている姿は「なんでなの?」(態勢が楽らしい)とは思いつつ嫌いではない。撮られてもいいっていうポーズだよね(違。女の子らしい仕草のひとつだと思う。

© 2012-2017 Daisuke YAMAMOTO