読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はせる

は・せる、馳せる

映画「バチカンで逢いましょう」を観たよ

cat:読んだ・観た・聴いた

 観たら明るく元気になれる映画……だと思ってたらそれだけではなかった。

バチカンで逢いましょう

 ドイツからカナダに移住して40年、夫と死に別れたマルガレーテ(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)。娘のマリー(アネット・フィラー)に家を売り払われ娘夫婦宅で暮らすことになるが、ゆくゆくは老人ホームへ…と示唆され、さらには楽しみにしていたローマ旅行もうやむやにされる。敬虔なクリスチャンである彼女にはどうしてもローマ法王に会って懺悔しなければならないことがあった。ある朝、娘夫婦には内緒でローマへと旅立つ。ローマではひょんなことから老詐欺師ロレンツォ(ジャンカルロ・ジャンニーニ)と出会い、彼の甥のディノが経営するドイツ料理屋を手伝うことに……というお話。

http://youtu.be/5_LJ6PJirP4

 ほっこりする映画。マルガレーテと娘、孫娘の三世代の女性がそれぞれの想いを抱えてローマで過ごす。そんな映画。ほっこりだけではなかったけど。良い。マリアンネ・ゼーゲブレヒトはバイタリティ溢れ、ジャンカルロ・ジャンニーニはかっこいい。
 あらすじを読んで「これはいいに決まってる」と思って嫁と観た。

 関係ない話だけど、嫁の指摘で気づいた、マリアンネ・ゼーゲブレヒトが嫁母に似ている(笑

[amazonjs asin="B00LP5W78M" locale="JP" title="バチカンで逢いましょう DVD"]