はせる

は・せる、馳せる

肌弱男子の肌ケア事情

 髭剃りの記事が今でもたまに検索で辿り着く人がいるのでブラッシュアップをしておこうかな、と。肌弱男子と書いたところでアトピー持ちなわけでも紫外線ダメなわけでもないんだけど、今回触れるのは下記2点。

  • 安全カミソリから電動シェーバーに換えて1年
  • 頭皮の吹き出物

電動シェーバーに換えて1年

 前回の記事では安全カミソリを使用していた頃の症状として、要約するとこんなことを書いている。

  • 肌が弱いので逆剃りは出来ない
  • 吹き出物に当たって血が出る
  • 剃ったあとカミソリ負けで赤く炎症する

 で、これが店員さんに聞いてオススメの電動シェーバーに換えたら、逆剃りのストロークも出来るし炎症もなくなったというわけだ。

[amazonjs asin="B00BN09YXK" locale="JP" title="ブラウン シェーバー Cool Tec(クールテック) CT4s【HTRC3】"]

 さらに1年以上経過したところで、こんな具合。

  • 炎症は相変わらずしない
  • 吹き出物に当たっても血が出ることが少なくなった
  • そもそも吹き出物が無くなった
  • 使用後は良く洗い、1週間に1度付属のオイルを馴染ませるだけでシェーバーの刃は1年以上使えている

 なんだか良いことずくめ。結局、肌が弱くて髭剃りで悩んでいるのならば、電動シェーバーが最適解だったようだ(個人差はあるんだろうけど)。
 ちなみに、アフターシェーブバームは今もまだ塗り込んでいて肌の調子は良い。

[amazonjs asin="B004184ILE" locale="JP" title="花王 ニベアフォーメン エクストラモイスチャーバーム"]

頭皮の吹き出物

 中学高校のあたりでわかっていたことだけど、どうやら吹き出物が出来やすい体質らしい。ということで頭皮にも湿疹……というか、吹き出物が出来る。当方髪型は丸刈りなので、自分で刈るときにバリカンのアタッチメントが当たって痛かったし出血することもあった。

 これに関しては顎の吹き出物が治まってからさらに悪化して、どれだけ清潔にしていても治まらなかったので皮膚科の病院へ。痒み止めと抗生物質の錠剤、抗生物質の塗り薬を処方してもらって治した。
 同じような悩みを抱えている人は自分でどうこう対策するよりもさっさと病院に行くほうがいい。

 「病院行け」というありがちなオチで申し訳ないんだけども。

 肌の悩みがなくなったところで肥えてきたというね。悩みは尽きない。