はせる

は・せる、馳せる

旅の始まり 期待を込めて ともなう別れは いとわずに #都々逸

 出発の裏側には、ときに寂しさも。でも孤独ではない。

departure

taken on 14 November 2010. 今はなき、東横線渋谷ターミナル駅。

 レンズはSonnar C150mm F4。このレンズはピントの山がファインダースクリーンでもはっきりとわかるので、ルーペを使わなくてもだいたいのピント合わせが可能。ちょっと重たいのだが、構図・ピントがバシッと決まればかなり美しい写真が撮れるレンズだ。ただ、中望遠全般に言えることだけど、油断すると手ぶれを量産するので注意が必要になる。

 東横線は代官山行ったり、学芸大学駅のモノグラムを時々利用していたりその他いろいろな理由があって、阿佐ヶ谷住まいのときに中央線・総武線の次によく使う路線だった気がする。そしてこの緩く湾曲したホームの形状、末端に立って眺める交差するレール、さらに都内では珍しいターミナル駅だったこともあり、ホームに立つと特別な気分になる。

 そんな渋谷ターミナル駅だが、ご存じの通り地下化されて解体が進んでいる。正直地下化してから1度も行っていなかったりするが、ヒカリエから見下ろせるようなので完全に解体される前に行ってみてもいいなぁ...と今思った。

© 2012-2017 Daisuke YAMAMOTO