はせる

は・せる、馳せる

時間の剥製、記憶の書架

 2月18日、国立科学博物館で圧縮された時間の鑑賞。

時間の剥製

 博物館はやはり特別な雰囲気がある。


 さらにこの日、僕は国立科学博物館の年間パスポート(リピーターズパス)を購入した。これで常設展示は気軽に行けるようになるし、特別展も(一部対象がいもあるらしいけど)割引で入場できる。

 そしてこの日、僕はついにコンパスを体験した。

www.kahaku.go.jp

 室内アスレチックと展示物に触れたりできるワークショップ、アクティビティ、体験学習というような感じ。整理券が必要で、少し遅めの午前中に行ったら15時ぐらいの枠が取れた。

 子どもと大人を対象としていると謳うだけあって、僕自身も本当に楽しかった。博物館に来るときはほとんど一日がかりなので、整理券さえ取ってしまえばと考えるとここはまた来ると思う。

 ものはついでと「シアター36○」も初めて体験した。球の中に入り、その内側全面がスクリーンになっている。これも楽しい。

www.kahaku.go.jp


ymmtdisk.jp

 帰り道の充実感。

© 2012-2018 Daisuke YAMAMOTO