はせる

は・せる、馳せる

「エルム街の悪夢」を7作目まで観た

 人知れず実施していたエルム街の悪夢マラソンにひと区切りついた。正確には「フレディVSジェイソン」とリメイク版があるんだけど、それらはこの後の「13日の金曜日マラソン」のあとにする。

 なぜそんなことを?というと、7作目で番外編というような位置づけの「ザ・リアルナイトメア」を観たかったからで、どうせ観るなら全作観よう!となった。(過去にエイリアンシリーズでも実施)

 7作目はメタフィクションで、1作目で主人公のナンシーを演じたヘザー・ランゲンカンプや、フレディ役のロバート・イングランド、脚本のウェス・クレイヴンなどが本人役で出演し、リメイクが決まった「エルム街の悪夢」を軸にストーリーが進んでいくお話。
 あまりネタバレせずに見た方が面白いこと間違いないのですが、その前に最低でも1作目を観てから鑑賞することをお勧めします。


 全体で観ても1作目と7作目がお勧め。次点で3作目「惨劇の館」、4作目「ザ・ドリームマスター 最後の反撃」かな、と。それぞれの感想はFilmarksにまとめているので、興味があれば是非。

filmarks.com

© 2012-2017 Daisuke YAMAMOTO