読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はせる

は・せる、馳せる

会えないかもと すり寄る不安 振り切る想い 待ち合わせ

待ち合わせというもんは会えない可能性を孕んでこそのもんでしょう。 taken on 6 October 2007. 井の頭線中央口。 会えないときは、そりゃあ悲しい、寂しいもんだ。 結婚して一緒に住むようになったので、敢えてどこかで待ち合わせするようなイベントも作っ…

夜の駅ナカ 当てなく歩き 写真撮りつつ 帰路につく

こういうものも被写体となる。と思うんだけど。 taken on 4 October 2007. 神保町か九段下かな? 普段何の気なしに見ているものも、カメラを向けてみるとまた違った見え方をする。ということも往々にしてある。 平日もカメラを持ち歩いているので、気になっ…

雨上がり 水面に映る 泡沫に 視線落として 暫し呑まれる

連れて行ってよ、向こうの世界。 阿佐ヶ谷駅前。撮影:2010/9/20 公開:2010/10/3 反射する像を写真に収めるのが好き。鏡はもちろんだけれども、ガラスや水たまりの反射もおもしろい構図になるものだ。

街を彷徨い 迎える夜に 示唆し導く 君の声

うまくいくといいね。 宮益坂下交差点。撮影:2010/9/10 公開:2010/10/2 フィルムでも手持ちで夜の写真は問題なく撮れる。シャッタースピード1/4秒までならなんのその。ネオン輝く繁華街なら余裕だぜ。 フィルムだけじゃなく、夜の写真は本当に好き。これから…

早る気持ちが 光速超えて/拘束越えて 君の元へと 街を縫う

その眼、乾くまで。 阿佐ヶ谷の歩道橋から。2009年10月1日にアップロード 1秒や10数秒から30秒ぐらいの長時間露光を楽しんでいる。三脚でどっしり構えたり歩道橋の手すりに置いたり、1秒だったら手持ちで挑戦したりもする。 宮益坂上の歩道橋から。2010年10…

雨が降るよと どこかで聞いて 傘より先に カメラ持つ

明日は雨予報だよ。 この写真は2007年の今日。吉祥寺。 雨の日でもカメラを持ち歩く。使い古した言葉だけど、雨の写真は雨の日にしか撮れないからというのがウソのようでホントの理由。結局持ち歩いていても撮らないことの方が多いけど、カメラがなくて撮れ…